フラスコが火を

俺だってハローワーク宮崎美子の隣に座り求人情報を検索したい!!!!!!

先日、勤めている会社が年内で事業をたたむ事が決定した時に頭に浮かんだのは「うわぁこれからどうしよう…」ではなく「うわぁ職場の人達と二度と会わなくていい上に(会社都合だから)すぐ金もらえんの?最高~」だったので今後は勤務しつつ転職活動をがんばり目標にしてがんばります! SMAP 悪いな。俺、未来(さき)行くわ。ジャスティンビーバーこのブログ見てたらすぐ連絡くれ~~!!!!! ラ・フランスをペンに刺す動画作るから!

さて、BUCK-TICKの新譜「アトム 未来派 No.9」を聴いてお前を嫁にもらう前に言っておきたい事がある。前作の「或いはアナーキー」あたりから今井寿が曲名で遊び始めて『DADA DISCO -GJTHBKHTD-』の“GJTHBKHTD”の部分、音楽と人の今井インタビュー記事とネットの力を借りまくってどういう意味なのかを調べようやく“芸術は爆発だ”の子音部分を取ったもの(a.k.a. DAI語)だという事に辿り着いてそれを誰にも教えず一人でニヤニヤしてたけどこのブログを書くにあたり今Wikipediaを見たらその説明が全部載っていたので堺雅人の笑顔をしている。
そして今作の1曲目、とんでもなさすぎてこの曲しか聴いてない『cum uh sol nu -フラスコの別種-』の“cum uh sol nu”部分、何て読むかわからず今回も音楽と人の今井インタビュー記事とネットの力を借りまくってようやく判明した“homunculus”(ホムンクルス)のアナグラムa.k.a.カヒミカリィ名付け方式)に仰天(タイトルの意味を知ってから歌詞を読むとホムンクルス丸出しという事に気付くこの仕掛け!叙述トリックハサミ男のネタバレやめろ!)し、一人でニヤニヤする事をやめてブログに書いて知識人ぶろうとしている。そしてこれをジャスティンビーバーに知って欲しいと思っている。

広告を非表示にする